株式会社細野測量
土地家屋調査士細野正明事務所
本文へジャンプ
土地家屋調査士

土地家屋調査士/昭和51年登録1805号
測量士/昭和56年登録4984号
民間紛争解決手続代理平成20年第302006号

細野 正明
ほその まさあき

−プロフィール−
土地家屋調査士細野正明事務所主宰
株式会社細野測量代表取締役
神奈川県土地家屋調査士会会員
神奈川県土地家屋調査士会理事
         (平成13年〜16年)
神奈川県土地家屋調査士会業務部担当
神奈川県土地家屋調査士会館において
無料登記相談。(平成13年〜16年)
(社)神奈川県公共嘱託登記土地家屋調査士協会会員


土地家屋調査士に頼んで良かつた

土地家屋調査士は顧客の依頼により、その土地や建物がどこにあって、どのような形状であるか、どのような用途に使われているか等を調査・測量をします。
隣接地との境界が定まっていない場合、境界立会を行って筆界(公図上の境界)を所有者の同意を取って決める。
その証として境界標を埋設、確定測量を行い図面を作成、筆界確認書をお互いに取り交わす、所有者が変つても筆界の同意は継承します、そして年数が経過しても有効です。
*筆界確認書の別紙第10号様式(第26条第1項関係)下段に土地家屋調査士の職員を押印すれば、        隣接所有者の印鑑証明書は省略できます。〈土地地積更正登記に使用)